モットー

 

「当たり前のことを、当たり前に」

 

時計の修理・オーバーホール経験がある方からよく伺うのは、「何週間も連絡がない」「追加料金をとられた」「2ヵ月もかかった」といった不満の声です。残念ながら、時計修理業界の常識は世間の非常識であることが多いのも事実です。スピカは小さなアトリエですが、これまでの時計修理業界の慣習にとらわれず、よりよいサービスの提供を目指し、よいものを大切に使い続ける文化づくりに貢献したいと考えています。

・大切な時計を預からせて頂く以上、一つひとつの時計を、自分の形見の時計のように丁寧にお取り扱いさせて頂くことをお約束いたします。

・透明性の確保に努めます。進捗状況を随時ご連絡させて頂き、不具合箇所は可能な限り画像にて共有させて頂きます。

・他店やメーカーで修理を断られた時計もぜひ一度ご相談ください。こうした時計こそ得意分野です。できない理由を探すのではなく、どうすれば動くようになるのか知恵を絞ります。

 


 

スピカが目指したいこと

 

「大切な時計のかかりつけ医」

スピカは時計修理技術者によるアトリエ(工房)です。修理・オーバーホールの外注は一切しておりませんので、スピーディーな対応とスムーズなやりとり、お客様のご要望に応じた修理・オーバーホールが可能です。時計のことならどんなことでも相談に乗れる、かかりつけ医のような存在を目指しています。

「見える時計修理店」

スピカではWEB上にお客様専用のマイページを設け、お預かりした時計の画像をふんだんに使用しながら、時計の状態や不具合箇所、修理の方向性について技術者が丁寧にご説明およびご提案させて頂きます。進捗状況もわかるようにし、納得度、満足度ともに高いオーバーホールを目指しています。

「長期的にどこよりもリーズナブル」

基本料金は安くてもパッキン代や不明瞭な調整代等の名目で結局割高になってしまうケースがよくあります。スピカではパーツ交換を最低限に抑え、パッキン代も基本料金に入っておりますので、修理・オーバーホール経験のある方はぜひ無料見積を利用して違いを実感して頂ければと思います。またメンテナンス割引等を用意しており、長期的にはどこよりもリーズナブルであることを目指しております。